自己紹介

自己紹介

村落コミュニティの公共生活が立ち上がるメカニズムを農村社会学の立場から解明し,また比較分析するために,中国沿海部2村(北京,山東),内陸部4村(江西,甘粛,貴州,河南),ロシア2村(タンボフ,タタールスタン),インド2村(アーンドラ・プラデーシュ,オリッサ)の継続的フィールドワークに取り組んでいます。ほんらいの専門地域は中国ですが,世界各地のフィールドで農民問題,村落やコミュニティの問題,あるいは都市=農村関係などのテーマに取り組んでいる学生との交流を期待しています。

業績

業績

最新の業績についてはこちら(researchmap)

単行本(単著)
中国農村の権力構造―建国初期のエリート再編(御茶の水書房、2004)
二十世紀中国の革命と農村(山川出版社、2008)
日本視野中的中国農村精英: 関系、団結、三農政治 (山東人民出版、2012年)

単行本(共著、分担執筆など)
□ 深層の中国社会―農村と地方の構造的変動(「村落統治と村民自治―伝統的権力構造からのアプローチ」を分担執筆、勁草書房、2000)
□ 中国農村経済と社会の変動―雲南省石林県のケース・スタディ(「山区農村における幹部配置と統治構造」を分担執筆、お茶の水書房、2002)
□ 現代中国の政治変容―構造的変化とアクターの多様化(「中国村落政治のアクター分析―道路建設と村有企業設立を事例として」を分担執筆、アジア経済研究所、2005)
□ 世界政治叢書 第8巻 中国・台湾(「中国農村政治の構図―村民自治・農民上訪・税費改革をどうみるか」を分担執筆、ミネルヴァ書房、2008)
□ 現代アジア研究 第2巻 市民社会(「中国農村の道づくり―『つながり』・『まとまり』・リーダーシップ」を分担執筆、慶応大学出版会、2008)
□ 現代中国の政治的安定(「農地収用問題をめぐる政治的リスク」を分担執筆、アジア経済研究所、2009)
□ 中国農村改革と農業産業化(「農業産業化と農村リーダー―農民専業合作社成立の社会的文脈」を分担執筆、アジア経済研究所、2009)
□ 中国内陸における農村変革と地域社会―山西省臨汾市近郊農村の変容(「コミュニティの人的環流―近郊農村の分析」を分担執筆、御茶の水書房、2011)
□ ユーラシア地域大国の統治モデル(「地方ガバナンスにみる公・共・私の交錯」を松里公孝との共著で分担執筆、ミネルヴァ書房、2013)
□ Eurasia's Regional Powers Compared: China, India, Russia ("Client, Agent or Bystander? Patronage and Village Leadership in India, Russia and China" を分担執筆,Routledge,2014)

学術論文
● 村落自治の構造分析(中国研究月報、639号、2001)
● 新解放区県級政権的形成―南下幹部与地方社会之互動分析(東瀛求索、2002年巻)
● 中国農村における開発とリーダーシップ―北京市遠郊X村の野菜卸売市場をめぐって(アジア経済、46巻6号、2005)
● 中国農村における革命と社会主義経験─地域社会の「原子化」と「組織化」(歴史学研究,820,2006)
● 道づくりと社会関係資本―中国中部内陸農村の公共建設(近きに在りて、55号、2009)
● 水利施設とコミュニティ―中国山東半島C村の農地灌漑システムをめぐって(アジア経済、50巻7号、2009)
● 「地域を突き抜ける」地域研究―コミュニティの可能性(地域研究、第12巻第2号, 2012)
● “Principal, Agent or Bystander? Governance and Leadership in Chinese and Russian Villages”(Europe-Asia Studies, Vol. 65, No. 1, 2013)
● 中国の都市化政策と県域社会─「多極集中」への道程(ODYSSEUS 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要,19,2015)
● “A Village Perspective on Competitive Authoritarianism in Russia”(ODYSSEUS 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要,20,2016)

連絡先

連絡先

電子メールアドレス: zukoosan [at] yahoo.co.jp (*注意 @は[at]で表示しています。)

研究室: 非公開

電話番号: 03-5465-7669