自己紹介

自己紹介

もともと、国連人権高等弁務官事務所や、国連の平和維持活動において、主に人権担当官として、ネパール、東チモール、スリランカ、インドネシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スイス、紛争国を含む各国で勤務し、移行期の正義、人権・人道法侵害のマッピング(全体像の記録)、治安部門改革、人権法研修に関わって来ました。そのような実務経験を下に、そのような実務の世界に必須でありながら欠如している専門知識や研究に基づく指針・戦略作成の姿勢を求めて、主に国際人権法、国連平和活動(特に警察)の研究をしています。「人間の安全保障」プログラムの専任教員です。紛争中の国際人道法・人権法の重大な侵害についての紛争後の処理、国家機関の再建、そしてどのように一人ひとりの権利を守りながら社会を再建していくのか、ということについて、皆さんと考えていけたらと思います。紛争の質の劇的な変遷に直面する世界に役に立つ提言をしていけるような、今世界にある問題を論理的に考え、研究すること、また、同じような意思を持って世界に出て行かれる次の世代の皆さんのお手伝いをすることを楽しみにしております。

業績

業績

単行本(単著)
■Kihara-Hunt, Ai (2017). Holding UNPOL to Account: Individual Criminal Accountability of United Nations Police Personnel (Leiden: Brill)

単行本(共著、分担執筆など)
□A.Kihara-Hunt, ”UN Peace Operations: from National Security to Human Rights and Human Security” in Takahashi (ed), Human Rights, Human Security, and State Security (Praeger, 2014)
□Armed Police Force Human Rights Handbook, jointly published by the Armed Police Force in Nepal and the Office of the High Commissioner for Human Rights in Nepal, 2009.

学術論文
●Kihara-Hunt, Ai.“Why does the immunity afforded to UN personnel not appropriately reflect the needs of the Organization?: the case of the UN police”, United Nations Studies, vol.17.
●F. Hampson and A. Kihara-Hunt, “The Accountability of Personnel Associated with Peacekeeping Operations”, in Aoi, de Coning and Thakur (eds), Unintended Consequences of Peacekeeping Operations, United Nations University Press, 2007)
●A. Kihara-Hunt and T. Tsugeyama, “The Right to Resort to External Self-Determination Outside of the Colonial Context”, in Aoyama Journal of International Politics, Economics and Business Vol.64 , September 2004)
●A. Kihara-Hunt, “Office of the High Commissioner for Human Rights” (Aoyama Gakuin University Human Rights Educational Committee, November 2005)


連絡先

連絡先

電子メールアドレス: aikiharahunt [at] ask.c.u-tokyo.ac.jp (*注意 @は[at]で表示しています。)

研究室: 非公開

電話番号: 非公開