自己紹介

自己紹介

 国際政治学理論の観点から、東アジアの安保関係を研究してきました。特に、東アジアでの安保コミュニティーの形成を妨げてきた、いわゆる、歴史問題に焦点をあて、この問題が日韓及び日中安保関係に果たす影響を明らかにすることに取り組んでいます。歴史認識をめぐるナショナルアイデンティティーが国の外交政策に及ぼす影響については多くの議論がありますが、そのアイデンティティーを独立変数に設定し、外交政策に関わる諸変数との因果関係を実証的に明らかにした研究は少ないといえます。その理由はアイデンティティーをいかに測定するかという方法論的・実証的な難しさとも関係があります。こうした難しさを克服する新たな方法を探りながら、東アジアにおけるナショナルアイデンティティーの問題と安保関係をつなぐメカニズムについて、より実証的な分析を加えていきたいと考えています。

業績

業績

共著
□일본의 중기 대한반도 정책 전망 (日本の中期対朝鮮半島政策展望(「한반도 주변 4강국 중기 대한반도 정책 전망 및 전략적 대응방안 (朝鮮半島周辺四強国中期対朝鮮半島政策展望及び戦略的な対応方案)」を分担執筆、한국 통일부 (韓国統一部)、2016)
□일본의 보통국가화와 한일 안보 협력 (日本の普通国家化と韓日安保協力)(「새로운 한일관계 비젼연구 (新しい韓日関係のビジョン研究)」を分担執筆、서울대일본연구소 (ソウル大学日本研究所)、2016)


学術論文
●“Toward Building a Security Community in East Asia: Impediments to and Possibilities for South Korea-China-Japan Trilateral Security Cooperation,” The Korean Journal of Defense Analysis, 25-4 (2013), 503―518.
●“New South Korean Academic Writings on Contemporary Japan and Japanese-Korean Relations,” The Asan Forum (2013) (http://www.theasanforum.org/).
●“Escaping the Vicious Cycle: Symbolic Politics and History Dispute Between South Korea and Japan,” Asian Perspective, 38-1 (2014), 31―60.
●“The Role of Japan in Building the East Asian Security Community: An Analysis of South Korea-Japan and China-Japan Military Exchanges,” The Korea-Japanese Military and Culture, 17 (2014) (Written in Korean; “동북아 안보공동체 발전과 일본의 역할: 한·일-중·일간 군사교류 비교와 분석을 중심으로,” 한·일군사문화연구 17권.
●“Dismantling the Final Barriers: Transforming Japan into a ‘Normal Country’ in the Post-Cold War Era” Pacific Focus, 30-2 (2015), 223-248.
●“Rethinking the Role of Identity Factors: the History Problem and the Japan-South Korea Security Relationship in the Post-Cold War Period.” International Relations of the Asia-Pacific, 15-2 (2015), 477-505
●(with Ayumi Yamada) “Option-Splitting Effects in Poll Regarding Japan’s Right to Exercise Collective Self-Defense” Social Science Japan Journal, 19-1 (2016). 59-69.

連絡先

連絡先

電子メールアドレス: jykim [at] ask.c.u-tokyo.ac.jp(*注意 @は[at]で表示しています。)

研究室: 駒場・18号館1115

電話番号: 非公開