自己紹介

自己紹介

ラテンアメリカ史・ラテンアメリカ地域文化研究が専門です。今は共同研究プロジェクト「移民とその故郷:非同化適応戦略とトランスナショナリズム表象」の研究代表者をしています。この移民研究の仕事は、そろそろ中仕切りのまとめをする必要があります。他に手をつけている仕事には、ラテンアメリカの独立戦争、キューバ・米国関係史などがあります。学生の皆さんには、貪欲に読む力、積極的にまとめる力をつけることを望みます。

業績

業績

単行本(単著)
■ サンディーノ戦記―ジャズ・エイジのヴェトナム戦争―(単著)(弘文堂、1989)
■ 世界史リブレット・第二六巻、「ラテンアメリカの歴史」(単著)(山川出版社、1998)

単行本(共著、分担執筆など)
□ バロックの愉しみ
(「行列と繁茂―ラテンアメリカ・バロックの諸相」を分担執筆、筑摩書房、1987)
□ 南北アメリカの500年・第四巻、「危機と改革」(新川健三郎と共編、「ポピュリズムと経済ナショナリズムの始動」・「メキシコ革命と米英石油資本」を分担執筆、青木書店、1993)
□ 世界の歴史・第一八巻、「ラテンアメリカ文明の興亡」(網野徹哉と共著、中央公論社、1997)
□ 開発と文化・第二巻、「歴史の中の開発」(「シモン・ボリーバルの〈ジャマイカ書簡〉にみる開発と先住民と革命」を分担執筆、岩波書店、1997)
□ 世界歴史・第二五巻、「戦争と平和 未来へのメッセージ」(「コンキスタドールと中南米植民」を分担執筆、岩波書店、1997)
□ 新版世界各国史・第二五巻、「ラテン・アメリカ史Ⅰメキシコ・中央アメリカ・カリブ海」 (「メキシコ・中央アメリカにおけるスペイン植民地」を分担執筆、山川出版社、1999)
□ 歴史を問う・第三巻、「歴史と空間」(「世界地図が書きかえられれば歴史観も変わるか―アメリカの<発明>が旧世界にもたらしたもの」を分担執筆、岩波書店、2002)
□ クレオールのかたち―カリブ地域文化研究(「都市景観に見るクレオール文化とミドルクラス」を分担執筆、東京大学出版会、2002)
□ ペルーを知るための62章(「征服、独立、国民国家への道」を分担執筆、明石書店、2004)

学術論文
● 植民地時代ペルー,アレキバ地方のブドウ酒生産(1)―その発足の背景と経緯,労働力調達(立正大学経済学季報、1990)
● 南北奴隷制比較論再考(アメリカ史研究、28号、2005)
● 戦争の世界史(ウィリアム・H・マクニール著、刀水書房、2002)

翻訳
○ 戦争の世界史(ウィリアム・H・マクニール著、刀水書房、2002、中公文庫、2014)

連絡先

連絡先

電子メールアドレス: htakahas [at] ask.c.u-tokyo.ac.jp (*注意 @は[at]で表示しています。)

研究室: 非公開

電話番号: 非公開